超広角ムービーカメラ Canon iVIS mini X のレンタルを開始しました


key-visual-s

置くだけポンの手軽さで、超広角、高音質撮影ができる、Canon iVIS mini X のレンタルを開始いたしました。

好評レンタル中のGoProより、長時間の動画撮影に適しておりますので、屋内でビデオカメラ的に使いたい方におすすめです。

レンタルの標準セットとしては、カメラ本体、専用ACアダプタ、USB充電ケーブル、インターフェースケーブルとなっており、SDカードはオプションですのでご注意ください。

おすすめオプションとして、32GB SDカード(最高画質で約3時間、最低画質で17時間記録可能)や、ミニ三脚などもご用意しておりますので、ぜひご利用くださいませ。

機材リストの更新を行いました


s-gopro-hero4

今回の主な追加機材としては、

  • GoPRO HERO4 Silver
  • GoPRO 関連アクセサリー
  • SHURE SM63L用のマイクフラッグと印刷サービス
  • LEDライト YONGNUO YN-300

などとなります。

ぜひご利用、ご検討お願いいたします。→機材リスト

GoPRO HERO4 Silver レンタル開始しました


GoProHERO4
GoPRO HERO4 シルバーエディション 入荷しております。

大きな違いとしては、これまでの薄さのままで、液晶モニタが内蔵され便利になりました。

サイトの価格表にはまだ反映しておりませんが、HERO3ブラックと同じ価格でレンタル開始しておりますので、ご予約ください。

東北大学工学教育院特別講座の教室間中継を行いました。

2014年4月24日に東北大学 工学研究科 青葉山キャンパス 中央棟にて行われた、トップリーダー特別講義の教室間中継の技術を担当させていただきました。

概要としては、大講義室で行われている講義の様子を、150m離れた別の教室(大会議室)に伝送し、大講義室が満席になっても大会議室のスクリーンに投影された映像を見て授業を受けられるというものです。

▼満員になる前の大講義室
大講義室
引きのカメラと寄りのカメラをスイッチャーで切り替えます。音声は、会場のマイク音声を分岐して、収録しています。
この教室のスクリーンに投影されるのは講義資料のパワーポイントのみ。

▼150m離れた場所へ有線で伝送
ケーブル引き
講師の顔と声を捉えたHD-SDI信号を光ケーブルに変換してまず1本。講義資料のパワーポイントのRGB信号をLANケーブルに変換してもう1本と、計2本を引き回しています。

▼大会議室の2面のスクリーンに投影
大会議室
左側のスクリーンにはリアルタイムの講師の様子、右側のスクリーンには講義資料のパワーポイントを投影しています。

弊社には、300mや100mの光ケーブル、160mのLANケーブル、HDMIを50m無線伝送できるシステムが2セットなどのシステムがありますので、このようにインターネット生中継以外の、近距離映像中継などもお気軽にご用命下さいませ。

19インチラック用カスタムパッチ盤を作りました


ネットメカニズムさん(ケーブルダイレクトさんといった方がおなじみ?)で取り扱っている、19インチラック用パッチパネルを使って、ネット配信オリジナルのパッチ盤を作ってみました。

▼買ったのはこんな感じの部品たち
素材
▼光ファイバ、HDMI、SDI、LANがきれいに収まって、差し替えの効率が良くなりました
完成

スマートフォンテストラボみやぎで実機調査をいたしました

s-spt-miyagi1
宮城県産業技術総合センター内に開設された「スマートフォンテストラボみやぎ」で、ネット生中継を見ることができる携帯電話やタブレットの実機調査をさせていただきました。

この施設は、スマートフォンに関するアプリケーション,ハードウェア,コンテンツ等の開発時の実機検証や開発初期の事前調査等のための実機検証環境として、東日本大震災からの復興をきっかけに開設された場所です。

センター内には、国内海外のスマートフォンやタブレット(iOS、Android、WindowsPhone)がずらり70機種以上並び、それを機種数に応じた利用料(10機種で3,700円、全部試しても14,800円)を払って、自作のアプリやサイトなどを自由にテストできるという仕組みになっています。

利用料金が県の施設というだけあって激安で、遠くは関西などから車や新幹線などで出張してくる企業などもいるとか。

s-spt-miyagi2
今回弊社では、YoutubeLiveとUstreamが見られるスマートフォン及びタブレット端末の実機調査を行いました。
各OSのバージョンによって挙動が違うほか、なかなか目にしないレアな端末でもテストすることができ、非常にためになりました。

[レンタル品追加]HDMI無線送受信機 IDX CW-1S


camwave
この度、HDMI信号を無線で30m飛ばすことのできる、IDX社の5GHz帯ワイヤレス伝送装置[CW-1S](屋内外両対応モデル)が、2セット入荷しましたので本日よりレンタル可能です。

価格は、1泊2日で1セット5,250円。2セットの場合は特別割引で8,400円です。(1泊追加ごとに1セットの場合は2,625円、2セットの場合は4,200円が追加です。)
NP-F970互換バッテリー2個と充電器のセットは、1セット525円。2セット(電池4個、充電器2個)の場合は特別割引で840円です。

お祭りや人出の多いイベントでの中継時に、カメラとスイッチャーの間を無線にするととても便利です。

初心者でもできるネット生中継システム構築します

私どもでは、ネット生中継(Ustreamやニコニコ生放送)を初心者の方でも行えるように、各種システムの構築も行っております。

たとえば、家庭用ビデオカメラだけでUstream配信できるPanasonic HC-V620M」等を用いた、最小限の機材構成から、複数台のマイクやビデオカメラを用いた簡易スタジオの構築まで、ご予算やニーズに合わせたご提案と、日々の配信の技術支援を行っております。
また、機材の導入を伴わない、専門家としての技術支援や、アドバイスのみも承っておりますので、ご相談はお気軽にどうぞ。

▼すでにお使いのビデオカメラに取り付けるとパソコン無しでネット生配信ができる機械をレンタルしています
d40b7791f7b035957b1b6cb2df213e87
Liveshell.PROと、お手持ちのビデオカメラ、Wimaxなどのモバイルルーターを持ち歩くことによって、手軽に高画質モバイル放送局ができあがります。

▼iPadを用いた、複数カメラ切替が行えるHD配信システムの例
s-IMG_3832

ご相談はお気軽にどうぞ。

検索数から見るUstreamとニコニコとYoutube


「Ustreamの視聴者数って一時期より減ったよねー」と言われる機会があって、ちょっと思うところがあって調べてみました。
hikaku-1
これは、2010年1月から2013年3月までを、Googleトレンドで「Ustream」「ニコニコ」「Youtube」それぞれのキーワードで検索した人をグラフにしたものです。視聴者数は単純に比べられないので、検索数で比較してみました。

この3つを比較する限りでは、Youtubeの一人勝ちですね。まぁYoutubeの中の人から見れば「Ustreamさんは東日本大震災の時はちょっときたけど、そんなに伸びなかったね」という感じでしょうか。(YoutubeLiveやニコニコ生放送ってキーワードの方がいいというツッコミはとりあえず置いといて。)
ご自身でやってみると面白いので是非→GoogleトレンドでUstreamを調べる

このグラフだとUstreamがあまりにもかわいそうなので、Ustreamの部分だけを切り出すとこんな感じです。
hikaku-2
詳しく見れば、東日本大震災の前後(2010年6月とか、2011年6月)の頃から比較するとだいたい1/3位に検索ボリュームが減っていることがわかります。
ですが、最初のグラフをもう一度見て頂ければ明らかで、Youtubeだって、ニコニコだって落ちています。件数の減り具合から言ったらYoutubeの方が大変なんではないでしょうか?

しかし、Ustreamの検索数が一時期の1/3に減ったって言うのは事実です。生配信が目新しかった時期が過ぎ、一般の生活になじんできたこれからは、配信する側も見る側も、これまで以上に価値のある内容を求められる時期に入ったとも言えるでしょう。

レンタルカメラにGoPRO HERO3 Black Edition他、秋の新製品が加わりました


GoPRO HERO3

レンタル可能カメラに、全天候型4KビデオカメラのGoPRO HERO3 Black Editionが加わりました。

GoPROは衝撃、水濡れ、低温などに強いカメラなので、下記の作例のように、スキー、カヤック、ダイビング、モータースポーツなどの際に使うと、超広角レンズも相まって手軽にかっこいい映像がとれます。

また、今回のモデルでは、Wifiリモートという小型のリモコン(1枚目の写真でカメラの下に写っている黒いもの)や、スマートフォンからの遠隔制御が標準機能で手軽にできるようになりました。これを使うと、カメラの制御の他に、カメラが現在とらえている映像や音声も無線でプレビュー(スタンバイ時のみ)することができますので、ファインダーや背面液晶モニタの無いGoPROでは非常に便利です。

gopro-app

是非いろいろな場所に持ち出して、映像を撮ってみてくださいね。

その他、秋の新製品いろいろ入荷しています。こちらも是非ご利用ください。

レンタル可能リスト・価格はこちらから。