機材の背面を美しく見せる「SOBA」を使ってみた

ネット中継の現場は、毎回、組んではバラシ、組んではバラシの繰り返しです。
お客さんから見える場所にブースを組む時なんかは、配線ができるだけ見えないようにしたり、見えてもできるだけきれいになるように設営の時から気を使って結線を行っていました。
100円均一とかでもよく売ってるスパイラルチューブも何回か試したのですが、貧乏くさいというか、なんかしっくりこなくて、使わなくなっていました。

s25675-1
▲こんな感じのスパイラルチューブはなんかかっこわるい

そんな私に飛び込んできた、ケーブルまとめの新製品がこれ。
複数のケーブルを1本に束ねて美しく見せる、ケーブルディレクター【SOBA】
ディレクターとか、ソバとか、ずいぶん変わった名前だなと言うのが第一印象で、ふむふむとサイトの説明書きを読んでいくと、なんかとってもいい感じ。
あみあみの黒いチューブの中に複数のケーブルをまとめて入れたり、途中で分岐したりできたりすることができるとのこと。

どんな製品なのかは、サイト内の動画を見てもらった方が話が早い。

どうやら、配信用Macbookを冷却するために使っているKickflipのメーカーから出ていると言うことなので、速攻で手に入れてみました。

で、取り寄せて使ってみた感じがこれ。
使用後
▲超スッキリ!

使用前
▲ちなみに使用前

普段から白か黒以外のケーブルは卓上に出ないように気をつけたりすることが多いので、これでもきれいな方だと思っていたのですが、やっぱり一本にまとまると、ものすごく気持ちが良いもんですね。

monitor
▲切れ端を大型モニターの背面にも使ってみました

ちょっと高いようにも感じる人が居るかも知れませんが、実は3mも入っているので結構あれこれ使えます。
50cmほど余ったものを、大型モニターのスタンド裏にちょこっと見えるHDMIと電源のケーブルをまとめてみたらこれも見た目がスッキリして気持ちが良い。

この「SOBA」、色は黒と白の2色展開。私は使っているうちに汚くなってしまうかなと思って黒にしてみたのですが、机の上とかに露出するなら白も目立たない感じになりそうなのでよさそうです。お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です